go top

食事と一緒に飲んだほうがよい?

青汁は栄養たっぷりの飲み物。
食事の時に一緒に飲んだほうが良いのでしょうか。
青汁はいつ飲まなければいけないということがありません。

食前に飲んでも、食事中に飲んでも、食後に飲んでも大丈夫。
一番重要な事は青汁を毎日飲むということです。
その理由は、青汁から摂取した栄養は体の中に蓄積されないから。
毎日こまめに栄養を摂取することで、体に新鮮な栄養を届けることができます。

次に重要なことは、毎日できるだけ同じタイミングで青汁を飲むことです。
同じタイミングで飲んだほうが理由は、青汁を飲む生活リズムが整いやすくなるから。
いつも青汁を飲むタイミングがバラバラだったら、「今日はもう青汁飲んだっけ?」となりやすいですよね。
でも、いつも食前に青汁を飲んでからご飯を食べるという習慣ができていれば、飲み忘れることもありません。

青汁の栄養を効果的に摂りたい方は、青汁を飲むタイミングを変えてみることをお勧めします。
先に述べたように、青汁をいつ飲まなければいけないという事はないのですが、このタイミングで飲むと青汁の○○という効果を得やすいという事はあります。

例えば、朝起きてすぐに青汁を飲むと栄養を補給できます。
食前に飲むと、ダイエット効果を得ることができます。
寝る前に飲むと、便秘を解消することができます。
と、このようにどのタイミングで青汁を飲むかで、実感できる効果が異なるのです。

食事中に青汁を飲むと、どのような効果を得られるのでしょうか。
青汁を食事中に飲むと、血糖値の上昇を穏やかにすることができるので、脂肪の蓄積を防ぐことができます。
これは食前に飲んでも同じ効果が得られるので、食前でも食事中でもどちらも大丈夫です。

最近の青汁はお茶のように飲める味が多いので、食事中に青汁を飲んでも味に違和感がありません。
食事の時にお茶を飲む習慣がある方は、お茶の代わりに青汁を飲むようにすると、青汁の栄養を摂ることができますし青汁を飲み忘れるという事ことがなくなりますよ!